持続化補助金
<低感染リスク型ビジネス枠>って何?

現場監督イラスト

《建設業》の方に向けて

現場監督イラスト

本事業は、新型コロナウイルス対策として顧客や従業員等との接触機会を今よりも減らすために取り組む、新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等を支援する事を目的にそれに要する経費の一部を補助するものです。

採択者の

工事関連アイコン
  • ■ポストコロナに向けた新たな取組を支援してくれて助かる。
  • ■設備導入費用など幅広い経費が補助されるのが良い。
  • ■すでに支出している経費も対象にできたのでありがたい。(2021年1月8日以降に発注~支払した経費)
  • ■感染防止対策の費用が補助されることが良い。
  • ■電子申請で手軽に申請できた。
  • ■申請に必要な計画書のボリュームが少なくて良い。
  • ■申請に必要な資料が少なくて楽。
  • ■創業・開業したばかりでも申請できて良かった。
  • ■商工会で企業診断士への相談が可能だった。
  • ■電話サポートの方がとても親切だった。
  • ■金銭的に実現できないでいたことに挑戦できる。
  • ■商工会議所で書類作成のアドバイスをいただけた。
  • ■商工会を窓口として相談できる。

現場監督イラス

どんなことをしたら補助金がもらえるの?

  • オンライン商談のための建築事例(動画)等を掲載したホームページの開設
  • 現場や施主との情報共有等のデジタル化による対人接触機会の低減と作業効率化
  • 対面打ち合わせを減らすための工程表・受発注作業のオンライン化
  • ドローンによる測量とICT機器導入・活用で現場やオフィスでの人の接触機会削減
  • バーチャル住宅見学会を実施するためのシステム開発
  • WEB展示会専用HPを新設し、360°カメラで住宅展示場を撮影した画像を掲載する等により広報強化
  • プロ仕様の建築資材の通販サイト開発でBtoCの非対面型ビジネスを強化
  • 「パック工事」を設定し、オンラインでの紹介と決済により売上アップ

モデルハウス見学会イメージ

ケーススタディ・アニメで詳しく見てみよう!

※音声付きの動画が再生されます

新たな生産プロセスの導入

事業者の要件はどうなっていますか?

商業・サービス業

常時使用する従業員の数

5人以下

宿泊業・娯楽業・製造業その他

常時使用する従業員の数

20人以下

現場作業員イラスト

どういった経費が補助されるのですか?

機械装置等費
「VR」「ドローン」「測量機」
広報費
新サービスを紹介するチラシやネット広告の作成・配布
展示会等出展費
展示会・商談会の出展料等(オンライン開催のものに限る)
開発費
「ECサイト」「自動見積システム」
資料購入費
補助事業に関連する資料・図書等
雑役務費
補助事業のために雇用したアルバイト・派遣社員費用
借料
機器・設備のリース・レンタル料(所有権移転を伴わないもの)
専門家謝金
指導を受けた専門家への謝金
設備処分費
新サービスを行うためのスペース確保を目的とした設備処分等
委託費
「ホームページ掲載用動画制作」
外注費
自社では実施困難な業務を第3者に依頼(契約必須)
感染防止対策費
「アクリル板」「マスク」等 ※業種別ガイドライン記載のものに限る

経費の算出や電子申請って難しくないですか?