申請書類の不備7選《個人事業主編》

〜申請書類の不備で不採択にならないために〜

 必要な書類が添付されていない、正しい記載がされていない、
などの不備が理由で不採択となるケースが見受けられます。

申請書類の不備などによる不採択を防ぐため、提出前に確認をお願いします

確認事項(チェック項目)

  • ファイル形式はあっていますか?
  • パスワードを設定していませんか?
  • 様式1(計画書)、様式2(宣誓・同意書)、様式3(月間事業収入減少証明)は、記載しましたか?
  • 様式1、2、3の代表者名などは一致していますか?
  • 各種添付ファイルは所定の添付箇所にアップロードできていますか?
  • Jグランツの申請フォームでアップロードしたファイルが開けるか確認しましたか?
  • 確定申告書等の決算関連書類を添付しましたか?
  • 決算系書類は全部そろっていますか?
  • 決算関連書類に税務署の収受印はありますか?
  • 税務署の収受印は不鮮明ではないですか?
  • 書類(開業届など)にマイナンバーの欄があった場合、消していますか?
どのような不備が多いですか?

【申請者全体の申請不備5選】

①ファイル形式が違う

②パスワードがかかっている

③【様式1】経営計画及び補助事業計画と
他の書類の代表者名や屋号が一致していない

④【様式1】経営計画及び補助事業計画、
【様式2】宣誓・同意書、
【様式3】月間事業収入減少証明(緊急事態措置影響)の
中身が記載されていない(フォーマットのままの申請)

⑤様式1ではなく別の資料がアップロードされている

詳細は「申請書類の注意事項」をご確認ください。

【個人事業主に特有の不備2選】 

⑥税務署の収受日付印がない(但し、e-Taxで提出した場合はメール詳細(受信通知)で構いません。)

⑦決算関連書類の不備(添付なし、添付書類相違)

不備理由の90%が決算関連書類の不足、収受日付印なしです!

詳細は「申請書類の注意事項」をご確認ください。