令和2年度第3次補正予算
小規模事業者持続化補助金
<低感染リスク型ビジネス枠>
事業実績報告に関するご案内

メインイメージ

実績報告書等の提出はこちらから Jグランツ

※期限までにJグランツと経費登録システムの
両方の申請を行わなければ、補助金を受け取れません。

<持続化補助金低感染リスク型コールセンター>
03-6731-9325
(受付時間:9:30~17:30、土日祝日除く)

回 受付締切での採択者
《補助事業実績報告書提出期限》
710日(日)
<期限までに実績報告書を提出しない場合、補助金を受け取れません。>
※実績報告書は、Jグランツと経費登録システムの両方からの申請を行うことで、申請完了となります。

実績報告提出期限<期限までに実績報告書を提出しない場合、補助金を受け取れません。>

IMPORTANT

第1回受付締切分: 2022年3月10日(木)締切

第2回受付締切分: 2022年5月10日(火)締切

第3回受付締切分: 2022年7月10日(日)

第4回受付締切分: 2022年9月10日(土)

第5回受付締切分: 2022年11月10日(木)

第6回受付締切分: 2023年1月10日(火)

詳細はこちら

新着情報

  • 2022/06/15
  • 説明動画 「変更承認申請編」を更新し、ナレーション説明が付きました。
  • 2022/04/18
  • 公式サイトのTOPページをリニューアルしました。
  • 2022/03/10
  • 実績報告」ページを更新しました。
  • 2022/03/09
  • 第6回申請受付を17時に締切ました。
  • 2022/03/01
  • 実績報告」ページを更新しました
  • 2022/01/12
  • 第5回申請受付を17時に締切ました。
  • 2021/12/27
  • 不備7選」ページの構成を変更しました。
  • 2021/11/10
  • 第4回申請受付を17時に締切ました。
  • 2021/11/10
  • 「飲食業」「建設業」等の6つの業界にフォーカスした「業界別ページ」を公開しました。
  • 2021/10/28
  • 政府広報で本事業が紹介されます。
  • 2021/09/27
  • 実績報告」に関する情報ページを開設しました。
  • 2021/09/16
  • 第4回申請受付を13時に開始しました。「公募要領」を更新しました。
  • 2021/09/08
  • 第3回申請受付を17時に締切ました。
  • 2021/08/27
  • 公式サイトのTOPページをリニューアルしました。
  • 2021/08/16
  • 参考資料集(実績報告の際の証憑書類のサンプル)を追加しました。
  • 2021/07/07
  • 第2回受付を17時に締切ました。
  • 2021/05/17
  • 第1回受付締切分に申請いただいた方への重要な案内を掲載いたしました。
  • 2021/05/12
  • 第1回受付を17時に締切ました。
  • 2021/04/16
  • 公式サイトをオープンしました。

事務局からのご案内

【重要】補助事業計画を変更する場合は、事前に承認が必要です。
「変更承認申請書」を提出し、承認を受けた日より、変更後の内容で補助事業が実施可能となります。
Pointアイコン

補助事業計画を変更する場合は、事前に承認が必要です。
そのために、変更承認申請書を提出してください。申請後、承認まで3週間程度かかります。
承認されるまで、変更後の内容で補助事業を実施できませんのでご注意ください。

変更承認申請書を提出される場合は「各種変更について」ページをご確認ください >>>

【お願い】「持続化補助金低感染リスク型コールセンター」への問い合わせの際、採択事業者の方は、お手元に「事業管理番号(採択通知書などに記載)」をご準備ください。

お問い合わせを受付する際、ご本人確認のために「事業管理番号」を確認させていただいております。お電話いただく際は、採択通知書など「事業管理番号」が記載された文書等を予めご準備くださいますようお願いいたします。
事業管理番号 例)0-00-A-A-0000000

※「事業管理番号」が不明な場合は、その旨をお申し出ください。

「持続化補助金低感染リスク型コールセンター」
03-6731-9325(受付時間:9:30~17:30、土日祝日除く)

【重要】持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>実績報告に関するお知らせ
2021年12月22日に、実績報告に使用する『経費登録システム』をリリースしました。
それに伴い、2021年12月21日(火)をもちまして、【補助資料兼経費支出管理表】エクセル+Jグランツでの実績報告の受付を終了いたしました。
なお、12月21日(火)までに、【補助資料兼経費支出管理表】エクセルを利用して実績報告を申請し、審査過程にある方(Jグランツ上で【申請済み/差戻し対応中】と表記されている方)は、審査が完了するまで、【補助資料兼経費支出管理表】エクセルを利用してください。
『経費登録システム』の使用方法は経費登録システム操作マニュアルをご覧ください。

◆主な変更点◆

①『経費登録システム』を使って実績報告をする方は、『補助資料兼経費支出管理表』エクセルの添付が不要となりました。

②Jグランツ上の申請フォーム【様式第8】実績報告書・【様式第11-2】取得財産等管理明細表の内容が変更となりました。

詳細はこちらをご覧ください。

◆実績報告に備えて◆
補助事業で経費を支出された際は、都度「経費登録システム」に経費内容を登録されていると、実績報告書作成時にスムーズに対応いただけます。
補助事業を完了された場合は、実績報告が必要です。補助事業完了日から起算し、30日を経過した日または、補助事業実施期限日の属する月の翌月10日のいずれか早い日までに、「実績報告書(様式第8)」を提出してください。

※実績報告の申請・概要等については「実績報告」「スムーズな実績報告のために」ページもご確認ください。
【注意】提出書類の不足・不備があると、補助金額の確定作業や補助金の支払いまでに、書類の不足・不備がない場合と比べて期間を要することになります。
補助金事務局では、先に到着した事業者の提出書類から順に確認いたします。補助事業者の皆様が適正に補助金の交付を受けられるよう、提出書類を確認のうえ、必要があれば、提出物の記載の修正や追加書類の提出をお願いすることがあります。
書類を提出する際には、不足・不備がないよう、必ず「補助事業の手引き」「補助事業の手引き(別冊)」等をご確認のうえ、ご不明点があれば、補助金事務局までお問合せください。
【お知らせ】2022年4月18日(月)に、本サイトを採択事業者様向けにリニューアルしました。

引き続き、実績報告や各種変更等に関する情報を本サイトに掲載して参ります。
補助事業実施中や終了後の手続きをスムーズに進められるよう、是非ご確認をお願い致します。

※2021年度(2022年3月迄)までの「本補助金申請者向け情報」は「申請受付時サイト」からご確認頂けます。

IMPORTANT

実績報告で提出が必要な書類例

必見! 【実績報告で提出が必要な書類例】
経費区分ごとに代表的な例を挙げて「必要な書類とポイント」をまとめた一覧表です。

支払方法別 必要な書類例

必見! 【支払方法別 必要な書類例】
「銀行振込」「クレジットカード払い」「電子マネー」での支払を確認するために必要な証憑類について解説。

PICK UP

【成果報告時の注意点】

【成果報告時の注意点】
広報費等が「補助対象経費となる場合、認められない場合」について、HP作成等の具体例をまじえてご説明。

【動画で説明 登録事項変更届編】

【動画で説明 登録事項変更届編】
「どんな時に使う?」「チェックリスト」「申請方法」等を動画でわかり易く説明します。

【各種変更について】

【各種変更について】
どのような場合に「変更承認申請」「登録事項変更届」等の提出が必要となるのかを解説します。

【スムーズな実績報告】

【スムーズな実績報告】
「実績報告前」「実績報告申請」「精算払い」のポイント・よくあるご質問をまとめています。

【動画で説明!変更承認申請編】

【動画で説明!変更承認申請編】
「どんな変更の場合に申請が必要なのか」「申請方法」等をわかり易く説明します。

事業の具体的な取組内容・成果

【事業の具体的な取組内容・成果】
様式第8別添の記入について、具体例をまじえてポイントを説明しています。

【立替払いについて】

【立替払いについて】
従業員等による立替払いの場合に「必要となる追加書類」等について解説します。

【動画で説明 !実績報告】

【動画で説明 !実績報告】
実績報告の「Jグランツからの申請」と「経費登録システムの基本操作」等を動画で説明します。

事業の具体的な取組内容・成果

【事業の具体的な取組内容・成果】
様式第8別添の記入について、具体例をまじえてポイントを説明しています。

海外との取引について

【海外との取引について例】
海外との取引があった場合に、必要な証拠書類とポイントをまとめています。

収益納付・取得財産について

【収益納付・取得財産について】
補助事業における「収益納付」「取得財産」について、事例を用いて説明しています。

経費登録システムについて

【経費登録システムについて】
実績報告申請に使用する経費登録システムの概要やQ&Aを掲載しています。

補助事業の手引き

補助事業の実施、各申請、実績報告に関するルールや注意点を記載しています。
必ずご確認ください。

■補助事業の手引きはこちら >>>
※基本ルール、各種手続き、必要書類について

補助事業の手引き

交付規程

補助事業を始める前に「交付規程」を
必ずご確認ください。

■交付規程はこちら >>>
※本補助金に関する基本事項について

交付規程

補助事業の手引き(別冊)

Jグランツで行う各申請方法の解説をしています。

■補助事業の手引き(別冊)はこちら >>>
※各様式の申請方法の基本的な手順と解説

公募要領

ご自身が申請・採択された受付回の公募要領を適時ご確認ください。

■公募要領
(第1〜4回受付締切分)はこちら >>>
(第5回受付締切分)はこちら >>>

補助事業の手引き(別冊)で解説している申請

◆採択〜交付決定

交付決定前確認事項修正書
交付決定前辞退届

◆補助事業実施

交付申請取下届出書
中止(廃止)申請書
事故報告書
交付申請書内容修正届
変更承認申請書
登録事項変更届
遂行状況報告書

◆補助事業完了・実績報告

実績報告書
収益納付に係る報告書
取得財産等管理明細表
消費税及び地方消費税額の額の確定に伴う報告書
産業財産権等取得等届出書

◆補助金請求

精算払請求書

◆補助金請求後

事業効果および賃金引上げ等状況報告書
取得財産の処分承認申請書

実績報告で提出が必要な書類例

経費区分ごとに代表的な例を挙げて「必要な書類とポイント」をまとめた一覧表です。

■実績報告で提出が必要な書類例はこちら >>>

実績報告で提出が必要な書類例

支払方法別 必要な書類例

「銀行振込」「クレジットカード払い」「電子マネー」での支払を確認するために必要な証憑類について解説しています。

■支払方法別 必要な書類例はこちら >>>

支払方法別 必要な掲載例

事業の具体的な取組内容・成果

様式第8別添の記入について、具体例をまじえてポイントを説明しています。

■事業の具体的な取組内容・成果はこちら >>>

事業の具体的な取組内容・成果

各種変更について

どのような場合に「変更承認申請」「登録事項変更届」等の提出が必要となるのかを解説します。

■各種変更についてはこちら >>>

各種変更について

動画で説明

説明動画「実績報告申請 全体の流れ編」

実績報告の「Jグランツからの申請」と「経費登録システムの基本操作」等を動画で説明しています。

■「実績報告申請 全体の流れ編」はこちら >>>

各種変更について

説明動画 「登録事項変更届編」

「登録事項変更届」は「どんな時に使うのか」「チェックリスト」や「申請方法」等について動画でわかり易く説明しています。

■「登録事項変更届編」はこちら >>>

各種変更について

説明動画 「変更承認申請編」

「変更承認申請」は「どのような変更の場合に必要になるのか」「申請方法」等について動画でわかり易く説明しています。

■「変更承認申請編」はこちら >>>

各種変更について

※Jグランツの利用には、GビズIDプライムアカウントが必要です。
gBizID 

本事業に関するお知らせ

【お知らせ】令和2年度第3次補正予算「小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)」の事務局ホームページURLは、https://www.jizokuka-post-corona.jp/ です。
本補助金の第1回公募開始当初(上記URLのホームページを公開する前(2021年4月16日より前))に公開していた暫定版ホームページのURLは、現在、事務局にて使用しておりませんので、ご注意下さい。
【注意事項】第1回~第3回受付締切分の採択事業者の方へ 暫定GビズIDについて
暫定IDによる申請の場合、交付決定までに暫定IDを通常のGビズIDプライムアカウント(通常ID)に切り替えしなければ、交付決定(事業開始)できません。
切り替えには数週間~数か月要します。長期間切り替えされない場合は、採択を取り消す場合があります。
暫定IDから通常IDへの切替方法はこちら
【注意】マイナンバー(12桁の個人番号)の提供は不要です。
提出書類にマイナンバーが記載されている場合は、番号が見えないよう黒塗りしてご提出ください。
【要確認】電子申請システム「Jグランツ」の利用環境について(推奨ブラウザ:Google Chlome)
電子申請システムをご利用の前に「Jグランツの動作環境」を必ず確認ください。
Jグランツの動作環境は以下のとおりです。下記のブラウザの最新バージョンをご利⽤ください。
なお、InternetExplorer等の下記以外のブラウザは、申請上のエラー等が⽣じますので利⽤しないでください。

●Windows:chrome、firefox、edge(※1)
●macOS:chrome、firefox、safari
●Android:chrome
※1 edgeの「InternetExplorerモード」は申請上のエラー等が⽣じますので利用しないでください。
【注意】外部団体による持続化補助金に上乗せするという案内について
FAX、メール、ホームページ等で持続化補助金の額に上乗せした補助金を支払うなどと案内し、持続化補助金に係る交付申請書、事業計画書、交付決定通知書などを応募書類として添付させ、審査手数料として印紙の送付を請求する団体があることについて、事業者等から本会に対して複数の問い合わせが寄せられています。
この団体は、中小企業庁、中小企業基盤整備機構及び本会とは一切関係がありません。
また、これらのFAXや勧誘等に関連して生じるトラブル等について、本会は一切責任を負いません。

お問い合わせ

<持続化補助金低感染リスク型コールセンター>

03-6731-9325

(受付時間:9:30~17:30、土日祝日除く)

音声ガイダンスメニュー


※【採択者の方へ】お手元に事業管理番号(採択通知書など)をご準備ください。
ご用件に応じてご希望の番号を押してください。
案内の途中でも番号を選択いただけます。
申請から事業開始までの事業者の方は
補助事業実施中の事業者の方は
補助事業を終了された事業者の方は
その他のお問い合わせは
※ もう一度案内をお聞きになりたい方は
 なお、お問い合わせが集中した場合、電話がつながらないことや回答に時間を要する可能性がありますので、予めご了承ください。

 また、独立行政法人中小企業基盤整備機構生産性革命推進事業室コールセンターも開設しておりますが、システム操作に関するお問い合せには対応いたしかねます。
 独立行政法人中小企業基盤整備機構生産性革命推進事業室コールセンター
TEL:03-6837-5929(受付時間:9:00 ~ 18:00、土日祝日除く)

よくあるご質問は、こちらから。