経費登録システムについて

実績報告を提出いただく際の証拠書類の提出方法が変わりました。

2021年12月22日(水)に、実績報告の新たな申請システム『経費登録システム』をリリースしました。

リリース前:
【補助資料兼経費支出管理表】エクセルを用いてJグランツ申請フォームから申請
リリース後:
Jグランツ申請フォームで申請し、経費を経費登録システムから申請

必要書類とマニュアルはこちら

◆主な変更点◆

①『経費登録システム』を使って実績報告をする方は、『補助資料兼経費支出管理表』エクセルの添付が不要となりました。
※但し、既に『補助資料兼経費支出管理表』エクセルを利用して実績報告を申請し、審査過程にある方(Jグランツで【申請済み/差戻し対応中】と表記されている方)は、審査が完了するまで、『補助資料兼経費支出管理表』エクセルを利用してください。

②Jグランツ上の申請フォーム【様式第8】実績報告書・【様式第11-2】取得財産等管理明細表の内容が変更となりました。
※2021年12月22日(水)にJグランツ上の申請フォーム【様式第8】をリニューアルしたため、それまでに下書き保存されているデータでは申請できませんので、ご注意ください。(閲覧は可能です)

実績報告の申請状況別パターン
※ご自身の実績報告の申請状況にあうパターンをご確認ください。

2021年12月21日までにJグランツで実績報告を申請した
2021年12月22日時点でJグランツの実績報告を下書き中の方
2021年12月22日以降、新規で実績報告を申請する方

審査過程にございますので、すでに提出された申請や差戻された申請をご利用ください。
新たにJグランツ(経費登録システム用)【様式第8】実績報告書および「経費登録システム」を申請する必要はございません。

補助資料兼経費支出管理表
2021年12月22日時点でJグランツの実績報告を下書き中の方

2021年12月21日(火)までにJグランツで作成した下書きでは申請できません。
Jグランツ(経費登録システム用)【様式第8】実績報告書および「経費登録システム」をご利用ください。

補助資料兼経費支出管理表
2021年12月22日以降、新規で実績報告を申請する方

2021年12月22日(水)以降、実績報告を提出する場合は、Jグランツ(経費登録システム用)【様式第8】実績報告書および「経費登録システム」をご利用ください。

経費登録システム

経費登録システムに関するQ&A

Q1
『経費登録システム』を使用する際、Jグランツのログインとは別に、新たなログインアカウントを取得する必要はありますか?
GビズIDプライムアカウントを利用しますので、新たなログインアカウントを取得する必要はありません。
Q2
『経費登録システム』はスマートフォンやタブレットでも利用できますか?
『経費登録システム」を利用できないブラウザはありますか?Jグランツと同じ環境で利用可能ですか?
利用可能な端末の制限はなく、パソコンのほかスマートフォンやタブレットでも利用可能です。ただし、申請にあたっては必要書類のアップロード等が必要ですので、PC環境でご申請いただくことをおすすめいたします。
Q3
『経費登録システム』は、Jグランツでログインした状態で利用するシステムなのでしょうか?
『経費登録システム』へのログインにあたり、必ずしもJグランツにログインする必要はございません。GビズIDプライムアカウントを利用してログインするシステムですので、メールに記載されたリンクからもログインすることが可能です。
Q4
『経費登録システム』と、現行の【補助資料兼経費支出管理表】では、どちらの方が申請が楽(簡単)になりますか?
『経費登録システム』は、システム不具合等で使用できなくなる可能性はありますか?
【補助資料兼経費支出管理表】を利用して実績報告を提出し、審査中の方は、そのままJグランツと【補助資料兼経費支出管理表】を利用して不備の修正等を行ってください。どちらの申請の方が簡単かどうかについては個人差がございますが、『経費登録システム』は申請が簡単になるように開発されたシステムですので、リリースをお待ちいただけるようであれば、リリース後に『経費登録システム』から申請されることをおすすめいたします。
Q5
これまでは【補助資料兼経費支出管理表】で実績報告を提出する流れだったのに、『経費登録システム』での申請方法に変更したのはなぜですか?
(変更になった経緯について理由を知りたい。例:実績報告時の作業工数負担軽減のため、等)
Jグランツでは、アップロード(添付)できる容量が16MBまでと小さく、すべての証憑書類を登録できない方にサイズダウンや圧縮などの作業を依頼するケースがあったためです。
Q6
『経費登録システム』の操作に関してマニュアルはありますか?いつ掲載されますか?
『経費登録システム』のリリース時(12月22日)にマニュアルを公開する予定です。
Q7
証憑をアップロードする際の容量制限はありますか?
容量に限度があります。資料添付欄1か所毎の容量は50MB以内になるよう調整したうえで経費書類をご登録ください。
Q8
【補助資料兼経費支出管理表】を利用して実績報告を提出していたが、不備等があり差戻となった場合、途中から『経費登録システム』での利用に切り替えて再提出することはできますか?
原則対応いたしかねます。審査途中の申請について、申請内容を『経費登録システム』に引き継ぐことが難しいからです。すでに【補助資料兼経費支出管理表】で提出済の内容を引き継ぎせず、事業者様にて『経費登録システム』で1から申請することで構わなければ、事務局側で切替の対応を行います。(Jグランツで下書きした内容等は使用することができません)
Q9
補助事業の完了はまだ先ですが、先に支払いが終わっている経費を【補助資料兼経費支出管理表】に入力して提出の準備をしている場合、未完成の状態で実績報告を提出することはできますか?
(従来の申請方法である【補助資料兼経費支出管理表】を使用して申請することはできますか。)
『経費登録システム』ではなく、【補助資料兼経費支出管理表】での申請を希望される場合は、12月21日までに【補助資料兼経費支出管理表】を用いてJグランツから一旦申請してください。事務局側で差戻の処理をしますので、補助事業が完了した時点で残りの証憑を添付し、再度Jグランツで申請をお願いいたします。
Q10
Jグランツで下書き保存している【様式第8】実績報告書・【様式第11-2】取得財産等管理明細表の申請フォームでは申請できないとHPに記載がありますが、現在 差戻の対応中で下書き保存している分も申請できなくなりますか?
差戻されているものについては、現行のまま【補助資料兼経費支出管理表】とJグランツで処理を進めていただくことになります。ただし、経費登録システムへの手続き遷移を希望されており、事務局にて手続き遷移作業中の場合は申請はできかねます。手続き遷移作業が完了するまで「差戻し対応中」の申請を先に進めないようお願い致します。手続きが完了しましたら事務局よりご連絡いたします。
Q11
Jグランツで【様式第8】実績報告書・【様式第11-2】取得財産等管理明細表を下書き保存されている方は、12月21日までに申請手続きを完了させていただくようお願いしますと記載がありますが、事業が完了しておらず期日までに提出できません。どうしたらいいでしょうか?
Jグランツですでに下書きを作成されたもので申請を希望される場合、作成途中であっても一旦申請をして頂く必要がございます。Jグランツで一度申請を完了いただければ、引き続き現行の手続きを継続することができます。
Q12
『経費登録システム』では、経費を都度入力できますか?一度にまとめて入力しないといけないでしょうか?
『経費登録システム』でも都度ご入力いただくことは可能です。『経費登録システム』では、「次へ」ボタンを押下すると、入力内容が保存されます。1度最終画面の「申請」ボタンを押下すると、事務局側での審査に進みますので、差戻されるまで追加修正等はできません。すべて経費を登録したうえで「申請」ボタンを押下してください。
Q13
『経費登録システム』で申請した後に入力間違いに気づいた場合、修正できますか?
『経費登録システム』で最終画面の「申請」ボタンを押下した後、審査が開始されるまでであれば、ご自身で差戻ができますので修正可能です。ただし、『経費登録システム』の画面上に”審査開始”と記載されている場合は、事務局側で審査中ですので、ご自身では差戻ができません。差戻が必要な場合はコールセンターまでご連絡ください。
Q14
【補助資料兼経費支出管理表】を使用してJグランツで申請した後、『経費登録システム』で提出しなおすことは可能でしょうか。
『経費登録システム』での申請自体は可能ですが、【補助資料兼経費支出管理表】で申請した内容を引き継ぐことはできませんので、1からの申請となります。また、一度現行の申請フォームを利用されている申請に関しては、リニューアル後の申請フォームへの切り替え作業に少し時間を要しますのでご了承ください。
Q15
Jグランツからの【様式第8】の申請と、『経費登録システム』の申請は両方必要でしょうか?
はい、Jグランツからの【様式第8】と、『経費登録システム』は期間を空けずに同じタイミングで申請をお願いします。(事務局側での審査を経て差戻があった場合の再申請の際には、Jグランツからの申請は不要です)
Q16
事務局から差戻されたことは、どこを見れば分かりますか?
事務局から差戻された旨、メールが届きます。Jグランツから申請された【様式第8】、【様式第9-1】については、差戻されると、Jグランツのステータスが「差戻し対応中」となります。Jグランツの「マイページ」から対象の事業を押下し、事業詳細画面の「提出済みの申請」の一覧から対象の申請を押下すると、編集・再申請することができます。また、『経費登録システム』から申請されたものについても、『経費登録システム』TOP画面のステータスが「再申請依頼中」となります。「実績報告を行う」を押下すると、編集・再申請することができます。